マルボロの喫煙所

ギターやら音楽やらエフェクターやら愚痴やら

#003 あめすた

今じゃ、もっぱらベーシストなわたくし。

愛用のベースを紹介しようなんて思ったらベースの写真をまだ撮ってないんで、とりあえずこちら。

f:id:marlboro7149:20170128101748j:image

Fender USA アメリカンスタンダード テレキャスター

 

それまではストラトオンリーなわたくしでしたが、テレキャスの無骨さに惚れて衝動買いした一本。

 

さっきも言いましたが、今では参加しているバンドはほぼベーシストとして活動しているので

このギターはほぼデモテープ作成時にしか弾きません。

 

ちょうどこの時期はミッシェルにどっぷり。

そして作曲を学ぶためにBOOWYを参考に聴いていたのでテレキャスを手に取るのは必然だったのかもしれませんね。

 

わたくしが所有するギターで唯一オリジナルスペックのままキープしてあります。

アルダーボディ

ローズ指板

ミディアムジャンボフレット

6WAYサドル

こんな感じ。←だいぶザックリだな

 

『6WAY?邪道じゃねーか!』なんて真のテレキャス愛好家に言われそうなんですが、購入の一番の決め手はここだったりするんですよね。

 

ブルースから入ったわたくしにはハイポジションのソロは必要不可欠なわけで、オクターブチューニングが合わないのはなかなかの致命的でしたがこいつなら無問題。←古っ

 

当時は『ギターなんてフルテンで良いんだよ!フルテンに決まってんだろ!』みたいなチープなマインドでしたが、こいつのおかげで考えが変わりました。

 

最初に、『良い音』がどんなものか?なんてのは言葉で表現するのは難しく、100人いれば100通りの答えがあるという前置きをしておきます。

 

車のエンジンでもそうですが、スポーツカーでもエコカーでもトラックでもベタ踏みすりゃあ本来の性能を発揮していると思ったら大きな間違い。

エンジンにも必ず『美味しい部分』があるわけです。

 

元レーサーの知人がいるのですが、彼が運転するボッろいトラックの音を助手席で聴いたことがあるのですが『こんな潜在能力が!∑(゚Д゚)』と驚愕した経験があります。

 

少し脱線しましたが、楽器にも必ず『旨味』があるはずです。

 

テレキャスにはだいたいハイパスコンデンサーがついているので、わたくしは歪んでいる時やクリーン時問わずギター側のボリュームを絞り、なおかつトーンもほんの少し絞りながら弾いています。

 

これが自分が弾くテレキャスの音だと思って使っています。

もちろん他にもたくさんのセッティングを推奨するかたがたもいらっしゃるでしょう。

それはそれで全て正解。全て個性。

 

楽器ってほんと奥が深いです。

 

あ、でもひとつ言い忘れてた!

 

ミッシェルをコピーするときはもちろんフルテン笑