読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マルボロの喫煙所

ギターやら音楽やらエフェクターやら愚痴やら

#005 王道の終わり

今日は1月30日。

今から48年前の今日、ビートルズにとって最後のライブが行われた日だそうです。

f:id:marlboro7149:20170130100743j:image

場所はロンドン、当時のアップル社の屋上にて映画用に撮られたゲリラライブだったとのこと。

 

ビートルズといえば、この世界にロックバンドの教科書があるとすれば1ページか2ページ目には出てくるといっても過言ではないバンドなわけです。

 

これだけ有名なバンドを今さら何も説明する事もないのでバッサリ割愛させていただきますが、世界最高峰なのは間違いなし。

 

そう言えばある動画サイトで日本ベース界の巨匠、細野晴臣氏も『ベースラインが素晴らしい音楽はブラックミュージックに多いが、それでもポールのベースは別格』なんて評価をしていた記憶があります。

 

当然のことながら、わたくしはビートルズ世代なわけもなく、どちらかと言えばストーンズ派。

もっと言えばこの年代ならジミヘンを推すような人間です。

ビートルズのCDはもちろん持ってはいますが、定番の曲だけが収録されたベストアルバムのみだったりと、いわゆる『にわか』。

 

それでも、ロックの基本となるような彼ら。

わたくしマルボロも全く影響を受けてこなかったわけではありません。

Day Tripperのあまりにもキャッチー過ぎるリフやLet it beのまるでスケールのお手本のようなギターソロ。

 

そのひとつひとつが本当にごく当たり前のようなプレイなんです。

 

いくつかの曲をコピーしてきましたが、そこで感じたのは今では神格化された彼らもプレイスタイルそのものは特別な何かをしていたとうわけではなかったということ。

 

そして歌詞も非常にシンプル。

学生時代、英語の先生に『和訳を勉強するならビートルズは最高のテキスト』。なんて言ってましたね。

 

この感じ、どこかで似たようなことがあったなと思ってたんですが、バスケットボールの神、マイケル・ジョーダンの試合を見た(もちろんTVで)時に近いなと。←いきなりバスケの話

 

もちろんそのプレイに華やかさがあり、試合を支配する圧倒的な力を持ち合わせているのは当然のことなんですが、彼の動きをずっと追って見ていくと、意外と当たり前の動きをしていると言うかすごくシンプルでなおかつ明確な動きなんですよね。

 

その時その時で必要最低限の動きだけで無駄なプレイは一切しない。

無駄な肉は削ぎ落として、必要な部分だけを極限まで磨き上げる。みたいな。

 

まぁ、ビートルズの場合、半世紀近くも前にこれだけのことをやっていたのかという部分もありますけどね。

そして『彼らが演奏した』というだけで価値が付いてしまうようなバンドだったんだと思います。

 

彼らに影響を受けたバンドは数多く出てきたのも事実。

直系で言えばやはりオアシスなんでしょうが、直接ビートルズに影響を受けていなくてもどこかで間接的にクロスオーバーしているバンドはたくさんいると思います。

そしてこれから出てくる新世代のバンドに期待しましょう。

 

これを機にアルバム買ってみようかな〜!

 

 

♯004 あたり

f:id:marlboro7149:20170128195735j:image

 

今日は弦を買いにいってきました。

 ダダリオの45〜105。

 

 f:id:marlboro7149:20170128195746j:image

 

くじ付きだったんですが、まんまと『当たり』。

 

f:id:marlboro7149:20170128195800j:image

 

もう1セットついてきたぜよ!

 

さすが超一流楽器店、島◯楽器‼︎

 

これでしばらく弦には困らない。

良い1年になりそーだぜ‼︎‼︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運使い果たしたかも(^^;

 

#003 あめすた

今じゃ、もっぱらベーシストなわたくし。

愛用のベースを紹介しようなんて思ったらベースの写真をまだ撮ってないんで、とりあえずこちら。

f:id:marlboro7149:20170128101748j:image

Fender USA アメリカンスタンダード テレキャスター

 

それまではストラトオンリーなわたくしでしたが、テレキャスの無骨さに惚れて衝動買いした一本。

 

さっきも言いましたが、今では参加しているバンドはほぼベーシストとして活動しているので

このギターはほぼデモテープ作成時にしか弾きません。

 

ちょうどこの時期はミッシェルにどっぷり。

そして作曲を学ぶためにBOOWYを参考に聴いていたのでテレキャスを手に取るのは必然だったのかもしれませんね。

 

わたくしが所有するギターで唯一オリジナルスペックのままキープしてあります。

アルダーボディ

ローズ指板

ミディアムジャンボフレット

6WAYサドル

こんな感じ。←だいぶザックリだな

 

『6WAY?邪道じゃねーか!』なんて真のテレキャス愛好家に言われそうなんですが、購入の一番の決め手はここだったりするんですよね。

 

ブルースから入ったわたくしにはハイポジションのソロは必要不可欠なわけで、オクターブチューニングが合わないのはなかなかの致命的でしたがこいつなら無問題。←古っ

 

当時は『ギターなんてフルテンで良いんだよ!フルテンに決まってんだろ!』みたいなチープなマインドでしたが、こいつのおかげで考えが変わりました。

 

最初に、『良い音』がどんなものか?なんてのは言葉で表現するのは難しく、100人いれば100通りの答えがあるという前置きをしておきます。

 

車のエンジンでもそうですが、スポーツカーでもエコカーでもトラックでもベタ踏みすりゃあ本来の性能を発揮していると思ったら大きな間違い。

エンジンにも必ず『美味しい部分』があるわけです。

 

元レーサーの知人がいるのですが、彼が運転するボッろいトラックの音を助手席で聴いたことがあるのですが『こんな潜在能力が!∑(゚Д゚)』と驚愕した経験があります。

 

少し脱線しましたが、楽器にも必ず『旨味』があるはずです。

 

テレキャスにはだいたいハイパスコンデンサーがついているので、わたくしは歪んでいる時やクリーン時問わずギター側のボリュームを絞り、なおかつトーンもほんの少し絞りながら弾いています。

 

これが自分が弾くテレキャスの音だと思って使っています。

もちろん他にもたくさんのセッティングを推奨するかたがたもいらっしゃるでしょう。

それはそれで全て正解。全て個性。

 

楽器ってほんと奥が深いです。

 

あ、でもひとつ言い忘れてた!

 

ミッシェルをコピーするときはもちろんフルテン笑

 

#002 無人島

先日、音楽仲間に聞かれたこんな質問。

 

『無人島に持って行く1枚のCDは?』

 

急に言われてもね〜

 

1枚に絞れって言われてもね〜

 

無人島でCD聞くかね〜

 

ナイフの方が役に立つんじゃないかね〜

 

そもそも無人島行かないしね〜

 

グダグダ言っててもしょうがないんでとりあえず答えたのはこの1枚。

f:id:marlboro7149:20170127224847j:image

 TEE MICHELLE GUN ELEPHANT

GEAR BLUES

 

ミッシェルの代表作なんで、まぁベタな選択なんですけどね。

 

前作のチキン・ゾンビーズに比べるとギターやベースの音、そしてボーカルの声も一段階振り切ってます。

それまでのガレージ臭が薄くなり、よりハードに、よりラウドに。みたいな印象。

 

この次にリリースされるカサノバ〜ではまた明らかにバンドサウンドがガラッと変わるんですが個人的にはこのギヤ〜の時がストライク。

中期〜後期にかけてアベの使用アンプが変わったりしてるみたいなんで、その影響もあるのかな?

 

『狙いに行ってんな。』みたいな感じも若干ありますけど、スモーキン・ビリーのように衝動的なパワーだけで押し切る曲も魅力的だったりします。

 

これに出会った時はベースやドラムなんて概念が全くなく『とにかくギターのリフ!リフなんだよ!』みたいな、なんともチープなマインドでギターを練習してる時期でしたね。

 

バンドでもコピーしたりしてましたが、やってみるとなんかダサい笑

やっぱりテクニックだけじゃねぇんだな。

 

しかし『愛という憎悪』とか『天国だ地獄だ。知らねぇってんだ!』なんて歌詞、普通出てこねぇわな。

さすがだよ、チバさん。

 

 

#001 すた〜と

音楽やら

バンド活動やら

気になることやら

愚痴やら

 

つらつらと